トップイメージ

青汁×ランキング・比較【青汁の効果でダイエット】

本サイトでは、人気の青汁を比較してランキングで紹介しています。今、人気の商品はなんなのか!?、特徴とオススメポイントを解説します。

おすすめの青汁ランキング

青汁は、どれがいいの?

実は、多少の差はあれど、どの青汁原料も栄養たっぷり! あやまり悩む必要はありません。 続けて飲まないと意味がないので、自分が飲みやすい商品がオススメです。

キューサイ青汁 -青汁ランキング-NO.1

青汁と言えば、キューサイ青汁を思い浮かべるほどの人気と歴史がある青汁です。野菜の王様「ケール」のみの青汁です。

その鮮度、品質と栄養価は文句なしの一位です。しかし・・・ケール100%ということで、その独特の臭いがあります。気にならない方には是非、お勧めする商品です。


自然そのままの味!栄養価は申し分ありません。しかし臭いが気になる方や、ケール以外の青汁が好みの方は避けた方がよいでしょう。



青汁三昧 -青汁ランキング-NO.2

TVで話題の青汁で、売れてます!、人気先行じゃない?と、ばかにすることはできませんよ。もしかしたらもっともオススメできる青汁かもしれません。

3種の青汁を使ったことにより栄養バランスは抜群で、それでいてとても飲みやすい。これなら、ケールの青汁が飲めない方でも飲めます。おいしくなければ続かない!続けれれば、青汁本来の効果を得ることができません。これが、青汁三昧のすごいところです。


その点で飲みやすくて栄養価のバランスが良いのが青汁三昧です。粉末なので気軽に飲めるのも良い点です。これなら続けて飲めるはず!



ふるさと青汁 -青汁ランキング-NO.3

今、注目の明日葉青汁!八丈島のあしたばを使った青汁です。実は、あしたばは野菜の王様「ケール」より栄養価が高いともいわれているほどの、栄養価の高い植物なんです。

「ふるさと青汁」では、あしたばの根っこも使用していて、それには「カルコン」と呼ばれる栄養成分が含まれています。もちろん、あしたばは、八丈島で育ったものしか使われていないので安心・安全です。のみ口は、すこしほろ苦い程度なので、臭くて飲めないということはないでしょう。

明日葉の栄養価の高さは注目されていることはご存じだと思います。いつもの青汁ばかりだと飽きるので、いろいろと種類を楽しんだ方が、青汁を続ける秘訣かもしれませんね。



与那国青汁 -青汁ランキング-NO.4

与那国青汁は、与那国産ボタンボウフウ葉に明日葉・大麦若葉を主原料に、多穀麹(大麦・あわ・ひえ・きび・タカキビ・紫黒米・米粉)・乳酸菌(フェリカス菌)・抹茶などがバランスよく配合された栄養価の高い高栄養緑黄色青汁です。

与那国青汁には、ボタンボウフウ草が使われていいますが、琉球諸島の与那国島では、「一株食べると一日長生きする」といわれ、「長寿草」とよばれています。ボタンボウフウ草の効果を試してみてください。



さつま青汁 -青汁ランキング-NO.5

さつま青汁の原料は、なんとサツマイモ(すいおう)!すいおうは限られた期間に一定量しか収穫できないため、一般に広く出回らない、非常に貴重な品種。すいおうの素晴らしさ、それは栄養価の高さです。

野菜の王様と呼ばれるケールと比べてみても。ケールを圧倒するほどの栄養成分を蓄えています。「柔道家・古賀稔彦」さんは、愛飲していて毎朝飲んでいるそうです。

サツマイモの甘さと新茶のようなまろやかさで、青汁ということを忘れてお茶感覚で飲めるが、うれしいですね。30日間の返品保証中

サツマイモの甘さと新茶のようなまろやかさで、青汁ということを忘れてお茶感覚で飲めるのがうれしい。食事と一緒に、ティータイムのお供にと、いつでも、どんな食べ物と合わせてもおいしく飲める。



スポンサードリンク

 

関連サイト


これなら飲める!

オススメ

姉妹サイト

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008 洗顔石鹸×ランキング【スキンケアの人気ランキング紹介】-vibi. All Rights Reserved.